理想と現実を知っておこう 車の買取について

車の買取をしてもらう場合、中古車の場合、年式や型、人気などによって、査定金額が違ってきます。

理想と現実を知っておこう 車の買取について

車の買取に関しての考察

車の買取をしてもらう場合、車種によっても違うと思いますが、普通、中古車の場合、年式や型、人気などによって、査定金額が違ってきます。
私も何回か新車を購入したことがありますが、何年か乗った後に、中古車買い取りセンターに買値の数パーセントの価格で買い取ってもらっています。
買取の査定は意外と細かく、年式、走行距離、傷などの有無、人気車種であるかどうか、など細かい査定があります。
車種によっては、売れない車、例えば、マニュアル車、デザインやカラーが悪いもの、窓の開閉が手動のものなどは、あまり、売れないといいます。
また、逆に、カーステレオや付加価値のついた装備品が付いているものは、中古車でも人気が高く、売れ筋だといいます。
私は自動車の専門家とは違いますので、詳しくは知りませんが、売れ残った車は東南アジアなどの市場にも出回るという噂を聞きます。


新車と中古車では市場動向が違うと思います。
中古車はどちらかというと時代の流れに左右されず、人気のある車が売れるのではないかと思います。
自動車産業は高度経済成長時代には日本の花形産業でありましたが、今は部品産業は安価な労働力で人材を雇える東南アジアに進出していて、産業が空洞化しているのが現状ですが、不況のあおりで中古車はむしろ伸びている車種もあります。
時代にマッチした機能性のある車種を消費者は欲しているのだと思います。
自動車は高額な買い物でもあるので、消費者も価格に敏感だと思います。
じっくり吟味して購入を検討すべきだと思います。

お勧め情報